'.PHP_EOL ?> 楽しく食育!実践編

食べる楽しみ

食べる楽しみは、おいしいものを家族そろってにぎやかに食べること!でも、それだけではありません。食べるまでの過程も、おいしく食べるためのとっておきのスパイスになります。例えば、自分で料理をすること。また、誰かに食べてもらおうと、一生懸命、料理をすること。頑張った分だけ、おいしいお料理ができますよね。それに、食べるシチュエーションも、思い出深いものです。キャンプで食べるカレーライスは、飯盒でご飯を炊くも含めて、家でつくるカレーとは、また一味違うおいしさがありますよね。例え失敗してしまっても、おいしく感じるような雰囲気があります。

'); define("P_END", '

'); ?>

子どもたちに食べる楽しさを、満喫させてあげましょう。そのためには、まず自分たち親が、楽しくなければなりません。おいしいものを食べると、ハッピーになります。ワイワイと楽しい話で盛り上がりながら食べると、もっとハッピーになります。自分たちで楽しく料理をすると、さらにハッピー!食べることで、心も体も、とっても幸せな気分になりましょう。

'); define("P_END", '

'); ?>

料理を始めよう

子どもと一緒に料理をしようとする時、まず何から始めたらいいのでしょう。料理には、いろいろな過程があります。メニューを決めること。材料をそろえること。調理法を知ること。下準備をして、料理をすること。皿に盛りつけること。そして、おいしく食べたあとは、後片付けも残っています。子どもが興味を持ったこと、子どもの年齢に合ったもの、どこから始めても大丈夫です。子どもの気持ちに任せ、やりたいということから始めればいいのです。

'); define("P_END", '

'); ?>

食育大人が気を付ける点は、手伝ってもらうのが面倒だからと断ってしまうことや、「無理だろう」「できないだろう」と否定すること。これでは、せっかくの子どものやる気がそがれてしまい、やってみようと思わなくなるようなことは、避けなければなりません。

'); define("P_END", '

'); ?>

一つ何かが出来ると、また次もやってみようと思います。そして、次はこんなことをやってみようと、挑戦したくなります。一つ一つの積み重ねで、次第にやりたいことの幅も広がってくるでしょう。子どもの好奇心、チャレンジ精神を大切にして、大人も一緒に楽しみたいものです。出来たお料理は、みんなでおいしくいただきましょう。「おいしくできた」「楽しかった」「喜んでもらえた」「うまくできなかったから、リベンジするぞ」、そんな気持ちが、何よりも次につながる原動力になります。

'); define("P_END", '

'); ?>

食育「規則正しい時間に、栄養価の高い食事をする」ことも大事ですが、料理を通じて、食べるものや食べることの大切さを学ぶことも、食育の大切な要素です。

'); define("P_END", '

'); ?>
 

ページの先頭へ